富豪?のヨット停泊 鳥羽港に 市などに問い合わせ相次ぐ

1:2018/04/15(日) 00:40:44.26 ID:

上下逆さになったような船首が特徴的なクルーザー「A」=鳥羽市の鳥羽港で

鳥羽市の鳥羽港周辺に十三日、船首が上下逆になったような特殊な形状の豪華クルーザーが停泊した。市などに問い合わせの電話が相次ぎ、撮影に訪れる人もいた。

インターネットで公開されている自動船舶識別装置(AIS)の情報などによると、船はマーシャル船籍のモーターヨット「A」で全長百十八メートル、幅十八メートル。二〇〇八年にロシアの富豪がプライベート用に総額三百五十億円で製造したとされ、ヘリポートを備える。米紙ウォールストリート・ジャーナルなどでも当時、ロシア経済とからめて取り上げられた。

AISによると十二日は津市沖に停泊し、十三日午前二時半ごろ、鳥羽に到着した。鳥羽港は入港許可などが不要で、目的などは不明。鳥羽海上保安部には、いかりを下ろす位置の相談があったという。(西山和宏)

2018年4月14日
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20180414/CK2018041402000009.html


Criteo.DisplayAd({
“zoneid”: 183331,
“async”: false});

続きを読む

Source: れでぃれでぃ